かぼちゃ
かぼちゃ

かぼちゃを栽培してみよう!

おいしくて可愛いかぼちゃを育てるためにもまず、自分に合ったかぼちゃの品種や栽培方法を知ることが大切です。「かぼちゃ栽培」今まで家庭菜園をやったことがない人、大好きで毎年いろんな野菜を育てている人、それぞれにあった「かぼちゃ」の栽培方法があります。

家庭菜園での「かぼちゃ栽培」

このページでは家庭菜園でカボチャを栽培する際に育てやすい品種について、年間の栽培スケジュール、取り木、ベランダ栽培などについて紹介しています。特に初めての人は品種選びのときに栽培環境に合わないものを選んでしまうかもしれません。栽培を始める前に種まきをしてから、どれくらいで収穫できるのかを知っておくことも大切です。カボチャを増やすための取り木の方法や、畑で菜園を作れない人のためにベランダでの栽培法についてもわかりやすく説明しています。ここを読んで大まかな流れをつかんでください。

土の準備から「かぼちゃ」の収穫まで

このページでは土の準備、種まき、手入れ、人工授粉・収穫の4つの項目に分けて「かぼちゃ」の栽培手順を具体的に紹介しています。最初から最後まで丁寧にやりましょう。なかでも、手入れと人工授粉の作業を欠かせません。どのように行うのかしっかり覚えましょう。カボチャは栽培するのに基本的には手のかからない野菜ですが、美味しいカボチャを作るために、どの作業も必要なものです。この手順に沿ってやってみてくださいね!甘くて美味しいカボチャの収穫を目指しましょう!

「かぼちゃ栽培」のポイントと注意点

このページでは「かぼちゃ栽培のポイントと注意点」として、カボチャを形よく仕上げる方法、日本種と西洋種の栽培法の違い、注意しなければならない病気、肥料の与え方について紹介しています。何をすれば立派なカボチャができるのか?そのヒントがここにあります!特に病気には気をつけましょうね。家庭菜園で栽培するのですから、できるだけ薬を使わないで済むように、ちゃんと管理することで予防したいものです。

「ペポかぼちゃ」はインテリアに

南瓜君タイプ2 今回、栽培方法に関して「ペポかぼちゃ」のことは取り上げませんでしたが、「ペポかぼちゃ」もほかの2つの品種と栽培の方法は変わりません。また、手入れについては「西洋かぼちゃ」と同じく、摘心をしなくても平気なんですよ。この品種は巨大化するものが多いので、そういうタイプはベランダ栽培には適しません。ある程度の大きさに生長したら、収穫して、ハロウィンの飾りとして使ったり、普段でも部屋のインテリアにしても可愛いと思います♪これは個人的なアイディアですが、たとえば「ひょうたん型」のカボチャの中身をくり抜いて中にお菓子を詰めて、ヘタに近い部分をリボンで結んで、ちょっとしたプレゼントに…いかがでしょう?


かぼちゃ
かぼちゃを栽培してみよう!
このページをブックマークする