かぼちゃ
かぼちゃ

かぼちゃの基礎知識

「かぼちゃ」に限らず、食べ物ってあまり歴史とか生産量とか消費量なんてものは気にしながら食べることありませんよね。値段のほかにせいぜい気にする点といえば栄養くらいでしょうか。カボチャのオレンジはなんだか見ているだけでもなぜか元気が出る色ですね。


「かぼちゃ」の歴史

このページでは、知られざる「かぼちゃ」の歴史について紹介しています。カボチャの原産地や日本にどのようにして、いつ頃伝わったのか?ということを説明しています。また日本にカボチャが伝えられた際に、それを受け取った人物に関しても解説しています!このエピソードは意外にも後々まで語り継がれ、この人はカボチャの歴史を紹介するときには必ずと言っていいほど、登場するようになりました。最近、発見された当時のカボチャのことも書いてあるので必見ですよ。

「かぼちゃ」の栄養

このページでは「かぼちゃ」の栄養について紹介しています。含まれている栄養成分と、その効果、種の栄養などを解説しています。そのほか、健康食材として女性を中心に人気の理由に迫っています!カボチャはビタミン類を豊富に含んでいます。今、このサイトを読んでくれている人の中には、もしかしたらカボチャ嫌いの人もいるかもしれませんね。スイーツなどにも使いやすいので、ぜひそういうものからもカボチャの栄養をたくさん取ってほしいと思います♪

「かぼちゃ」の生産量と消費量

このページでは日本、そして世界全体の「かぼちゃ」の生産量と消費量を紹介しています。ですが、消費量に関してはあまり詳しいデータを載せていませんので、ご了承ください。ほか、日本がどの国からカボチャを輸入しているのかについても説明しています。日本のカボチャ消費量は決して多いとはいえませんが輸入モノのカボチャにも助けられて、少しずつ復活の兆しを見せ始めています。北海道には生産量日本一の町もあるんですよ。どんな所は、このページを読んでください♪もっとカボチャを沢山食べましょうね!

カンボジアって、どんな国?

ここでは、「かぼちゃ」の語源となったカンボジアのことをお話しようと思います。カンボジアはインドシナ半島にある東南アジアの国です。とても小さな国ですが、アンコール遺跡などの世界遺産があることで世界中に知られています。ここ数年、大きなホテルが次々にオープンし、観光都市としての準備が整いつつあります。また、カンボジアは人口の9割がクメール人で、そのほとんどが農業で生計を立てています。

カンボジアの基本情報

面積:18万1035平方キロメートル

人口:約1380万人(2005年現在)

首都:プノンペン

言語:クメール語(公用語)

民族構成:クメール人90%、ベトナム人5%、華人1%、ほか20以上の少数民族4%


かぼちゃ
かぼちゃの基礎知識
このページをブックマークする