かぼちゃ
かぼちゃ

かぼちゃの和風料理

「かぼちゃ」は煮物や天ぷらなどの和風料理に頻繁に使われています。その理由の一つに醤油などの調味料との相性の良さが挙げられます。調味料が一層「かぼちゃ」の美味しさを際立たせるんです。懐かしい母の味と思う人も多いでしょうね。

「かぼちゃの煮物」レシピ

「かぼちゃの煮物」は今も昔も変わらず人気の和風料理の一つですよね。この料理が「おふくろの味」という人も多いのではないでしょうか?煮物を作るのが苦手な人も簡単にできるレシピを紹介します。

材料(4人分)

かぼちゃ:1/4個、ダシ汁:2カップ、サヤインゲン:4本、塩:少々、さけ・みりん・砂糖:各大さじ2、醤油:大さじ1杯半

作り方

  1. カボチャは種とわたをスプーンで取ります。皮はところどころむいて、少し大きめの一口大に切りましょう。
  2. サヤインゲンは軸のほうを切って、塩を加えた熱湯でゆでます。ザルにとり、水気を切ってから2cm幅に切ります。
  3. 鍋にカボチャとダシ汁、さけ、みりん、砂糖、醤油を入れましょう。落としぶたをして、さらに鍋のふたもしたら煮立つまで強火にかけましょう。
  4. 煮立ったら、弱火にして約15分煮てください。
  5. 器にカボチャを盛り、上から煮汁をかけます。最後にサヤインゲンを散らして「かぼちゃの煮物」の出来上がりです。

「かぼちゃ天ぷら」レシピ

いろんな野菜や魚介類などを一度に食べられる天ぷらはご飯のおかずにも人気です。「かぼちゃ」の天ぷらも美味しいですよね!ここでは天つゆで食べる「かぼちゃ天ぷら」のレシピを紹介します。

材料(4人分)

かぼちゃ:1/4個、水:大さじ8、薄力粉:100g、卵:1個、揚げ油・大根おろし・おろしショウガ:各適量、(天つゆの調味料)水:1カップ半、醤油・みりん:各大さじ4、だしの素:小さじ1

作り方

  1. カボチャは皮をむかずに種とわたをスプーンで取って、約7mmの薄切りにしましょう。
  2. 次に天つゆを作ります。鍋に調味料をすべて入れて、ひと煮立ちさせます。煮立ったら火を止めて冷ましておきましょう
  3. ボウルに卵と水を入れてかき混ぜます。さらに、ふるいにかけた薄力粉を加え、サックリ混ぜ合わせます。できた衣(ころも)の生地にカボチャをくぐらせ、約170度の油で揚げましょう。
  4. カボチャが色づいて浮いてきたらバットにとり、油を切ります。熱いうちにお皿に盛って、大根おろしとおろしショウガを添えて「かぼちゃ天ぷら」の出来上がりです。天つゆをつけてお召し上がりください♪

「かぼちゃご飯」レシピ

今度は主食となる「かぼちゃご飯」のレシピを紹介しますね。「かぼちゃ」のビタミンカラーが食欲をそそります♪作り方はとっても簡単なので、ぜひ作ってみてください!

材料(4人分)

かぼちゃ:1/4個、お米:2カップ、水:適量、塩:大さじ1/2

作り方

  1. お米はよく研いで、30分間水につけておきましょう。
  2. カボチャは皮をむかずに種とわたをスプーンで取って、1〜1.5cmの角切りにします。熱湯で約1分ゆでて、ザルにあげておきます。
  3. 炊飯器にお米とカボチャ、塩を入れて、普段どおりの水加減で炊きましょう。
  4. 炊き上がったら約10分蒸らしたあと軽く混ぜ合わせ、茶碗に盛って「かぼちゃご飯」の出来上がりです。

「かぼちゃの鶏そぼろあんかけ」レシピ

「かぼちゃの鶏そぼろあんかけ」のレシピを紹介します。「かぼちゃ」と「鶏そぼろ」がとてもよく合います!作り方は少し手が込んでいるように見えますが、「かぼちゃの含め煮」を作って余ったときにでもどうぞ♪

材料(4人分)

かぼちゃ:1/2個、ダシ汁:2カップ、砂糖:大さじ6、みりん:大さじ1、薄口醤油:大さじ4、(あんの材料)鶏肉ミンチ:150g、醤油:大さじ2、砂糖:小さじ1、水溶き片栗粉:適量

作り方

  1. カボチャは種とわたをスプーンで取って一口大に切ったあと、面取りしましょう。
  2. 鍋にカボチャとダシ汁を入れて煮ます。沸騰したところでアクを取って弱火にし、砂糖とみりんを加えます。落としぶたをして中火にかけて約4分煮ましょう。
  3. さらに薄口醤油を加え、ひと煮立ちさせたら弱火でゆっくりと煮ていきましょう。このときの煮汁はとっておいて下さいね。
  4. 次に鶏そぼろあんかけを作ります。別の鍋にミンチを入れて炒りましょう。ミンチから水分が出なくなったら、とりそぼろあんの調味料とカボチャの煮汁を加えます。
  5. アクを取りながら、水溶き片栗粉でとろみをつけていきます。器にカボチャを盛り付け、上からあんをかけて「かぼちゃの鶏そぼろあんかけ」の出来上がりです。

かぼちゃ
かぼちゃの和風料理
このページをブックマークする