「かぼちゃ」はスーパーで買うものと思っている皆さん!家庭菜園で「かぼちゃ」の栽培に挑戦してみませんか?初心者でも育てやすい品種や年間栽培スケジュールなど、「かぼちゃ」を栽培するために前もって知っておかなければいけないことがたくさんあります。

育てやすい「かぼちゃ」の品種

初心者の場合はえびす、メルヘン、小菊ちりめん、打木早生赤栗、近成芳香(ちかなりほうこう)あたりが栽培しやすいでしょう。果肉は粉質で、どちらかというと西洋料理に適していますね。ほかに、側枝が出ない「つるなしやっこ」などの品種も育てやすいので、おすすめですよ。そのほか全体的に見ると「日本かぼちゃ」は温暖な地域、「西洋かぼちゃ」は冷涼地や高冷地での栽培に向いていると言えるでしょう。それぞれの品種の特徴を分かった上で、お好みのものを選んでくださいね。家庭でも美味しいカボチャが作れるんですよ。

「かぼちゃ」の栽培スケジュール

初心者は苗からの栽培をおすすめします。植え付け時期は5月上旬に植え付けましょう。カボチャは傷みやすいので、直径15cmほどのビニール鉢を使って、育苗してくださいね。このときに気をつけなければならないのは、植え付けるあいだまでにあまり大きく育苗しないようにしましょう。苗からの栽培を始めたカボチャは2ヵ月もすると収穫時期を迎えます。ちなみに「日本かぼちゃ」は開花後約1ヵ月、「西洋かぼちゃ」は約40~50日、「ペポかぼちゃ」は品種によっても異なりますが平均して1週間くらいで収穫できます。早い時期に収穫してしまうと、せっかくのカボチャの味が落ちてしまうので要注意です。

苗栽培

5月上旬植え付け

6月末まで育苗

7~8月下旬まで収穫時期


種まき栽培

晩秋まき

3月下旬種まき

4~7月中旬まで育苗

7月中旬~9月上旬まで収穫時期

夏まき

5月いっぱいは種まき

6~8月中旬まで育苗

8月下旬頃~10月中旬まで収穫時期

節から「かぼちゃ」誕生?!

南瓜君タイプ1カボチャは大きくなるにつれてツルが伸びてきます。そして、そのツルには節があって、そこから葉が出て、巻きひげが出て、花が咲いて実がなるんですよ。子ヅルや根などもすべて節から出てきます。節から様々なものが生まれるんですね~。この節のところに土をかけてあげると根が出やすいので覚えておきましょう。節から出た根がきちんと根づけば、ツルを切り取って1本のカボチャを2つに分けることもできますよ。この作業は「取り木」と呼ばれています。ここで少し取り木の手順を説明しましょう。

1.まずはツル性のものに適している方法です。地上に出ている茎やツルを部分的に土の中に埋めます。土の湿気で、いい感じに根が伸びてきますよ。こうして増やしていくことができます。

2.一方こちらは枝ものに適している方法です。根を出させたい部分の枝や幹を傷つけてもいいですし、かたい芯だけを残して3~4cmほどの皮をはぎます。水ゴケなどを湿らせて、その上からビニールを覆いかぶせます。根が出たらビニールを取って、土に植えましょう。

成功するかぼちゃ園へのガイド

かぼちゃを育てるのがどれほど大変なことか、私たちは知っています。しかし、この健康的で巨大な果物は、あなたの庭には欠かせないものです! だから、あなたの庭にカボチャを追加するか、完全にカボチャの庭を作るかにかかわらず、庭の愛好家の周りに集まって、このページは成功したカボチャの収穫のためのあなたのガイドになるでしょう

カボチャは庭の面積のほとんどを占めるかもしれませんが、健康的なライフスタイルを構築するための必需品です。何よりも、世界中で栽培されていて、かぼちゃの内側も外側も様々な実用的な用途があります。ヒント、それはあなたのハロウィンの装飾に追加するだけではありません。しかし、私たちはそれに後に取得します。 

カボチャの育て方とステップ

もし、いくつかのステップでわからないことがあれば、遠慮なく下のコメント欄に質問を書いてください。私たちはあなたのためにそれをクリアするためにもっと幸せになるでしょう

  1. かぼちゃの好みを選ぶ

かぼちゃは幅の広い果物です。大きさ、色、味など様々な種類があります。かぼちゃの種を購入する前に、あなたが必要とし、扱うことができるかぼちゃの種類を知っている場合は、それが最善です。そのサイズについては、カボチャの範囲は、小さな(2-5ポンド)、中間(8-15ポンド)、大(15-25ポンド)、ジャンボ(50-100ポンド)から。

  1. お庭の空間を考える

これは、おそらく、他の人が「広い」スペースが不足しているために、カボチャを栽培するのを気にしない理由です。大きさや重さは別として、カボチャは20フィートを超えて伸びる長いつるの上で成長します。だから、カボチャを植える前に、つるとカボチャがカバーできるスペースを考えてください。

小さな庭のスペースがある場合は、ベビーベア、ベビーパム、スモールシュガーなどの小さなカボチャを植えることを検討してください。

  1. 直接の完全な黒点

庭が暖かい太陽の光に直接当たるようにしましょう。カボチャは、冬のカボチャとはいえ、温暖な気候の地域で最も成長します。土を70ºFまで温めることができれば、カボチャを植えることができます。

  1. カボチャの植え付け

シーズンの準備ができて、土壌が暖かくなり、面積が十分に広い場合は、ここにカボチャを植えるためのいくつかの注意事項があります。

  • 種子を行または丘に植える。2つのうちのいずれかが動作しますが、丘のマウンドは、土壌がより早く暖かくなるのを助けるでしょう。
  • 土壌は6.0〜6.8のpHを持っている必要があります。
  • 丘には、熟成堆肥や熟成堆肥を混ぜる必要があります。 
  1. あなたのカボチャに一定のケア

今、あなたはあなたのカボチャを植えたので、カボチャは通常、収穫されるまでに少なくとも90〜150日かかります。それが完全に熟すためには、一定のケアと手入れがカボチャを育てるために必要です。

お問い合わせ

かぼちゃの庭の手入れに困っていませんか?ブログのページでは、カボチャのアイデアやテクニックを詳しく紹介しています。もし、これらのコンセプトがうまくいかなかった場合は、お気軽にお電話かメッセージをお寄せください。

コメントする