「日本かぼちゃ」は古くから日本でよく食べられてきました。和食との相性がいいため、市場でもこの品種がメインで販売されていました。「日本かぼちゃ」と一口に言っても、そこから枝分かれした様々な品種があります。

「日本かぼちゃ」って?

南瓜君タイプ1 「日本かぼちゃ」の一番の特徴は、独特のねっとり感です。さらに甘みが少なくて水っぽい点も特徴といえるでしょう。特に醤油との相性が抜群のため、煮物を作るときに頻繁に使います。見た目の特徴としてはヘタの断面が五角形で肩が盛り上がり、小型のカボチャです。また表面はデコボコしていたり、溝があるものが一般的ですね。なかには表面がツルンとなめらかなものもあります。以前は200種ほどの品種があって日本各地で盛んに栽培されていました。けれど、今では残念ながらその主役の座も「西洋かぼちゃ」に取って代わられ、数えるほどしか種類はなくなってしまいました。「日本かぼちゃ」の原産地は中央アメリカといわれています。16世紀に日本に漂着したポルトガル船がカンボジア産の種子を九州の大分県に運んだのが始まりと考えられているんですよ。別名をタウナス、ボウブラとも呼びます。

「日本かぼちゃ」の品種

「日本かぼちゃ」にも様々な品種があります。みなさんは何種類知っていますか?数多くあるなかで、代表的なものをいくつか取り上げてみましょう。

黒皮

黒皮は本当に今ではほとんど見かけなくなった品種で、高級料理店でよく使われています。小型で見た目はキレイで、味は水っぽくて、あまり甘くないのが特徴です。溝が深くて濃い緑色をしていて、旬は初夏となっています。

菊座

菊座は「日本かぼちゃ」の中で最も代表的な品種です。皮がまるで菊の花のように縦に並んでいることから、こう名付けられました。軟らかくて、水っぽいので薄い味付けの煮物などにピッタリだと思います。しっかり調味料の味をしみ込ませたい料理には向いていません。旬は夏から秋にかけてです。

鹿ケ谷(ししがたに)

鹿ケ谷は京都の伝統的な野菜の一つとして知られています。180年前に突然変異によってできた、ひょうたんの形をしている珍しい品種なんですよ。今は年間2000個程度が細々と作られている状態で、料亭用や観賞用がほとんどになっています。身がぎっしり詰まっていて、しかも粘り気があるので、煮炊きしても形が崩れないのが嬉しいですね♪

ちりめん

「かぼちゃ」の表面がちりめん状に縮れているように見えるので、この名前が付けられました。見た目は全体的に白っぽくなっています。イボの部分もおいしいんですよ!低カロリーという点も特徴の一つと言えるでしょう。

「日本かぼちゃ」は消えちゃうの?!

南瓜君タイプc 昔はたくさんあった「日本かぼちゃ」も、今ではごく少数になってしまいました。というのも、江戸末期に日本へ「西洋かぼちゃ」が伝えられてから、人々は甘みが強くて調理しやすい「西洋かぼちゃ」を好んで食べるようになったのです。これは時代とともに私たち日本人の嗜好(しこう)や食生活が洋風に変わったためだと考えられます。そうすると必然的に「日本かぼちゃ」の人気は落ち、栽培農家の数も減ってしまいますよね。なので、高級料亭などでしか味わうことができないのが現状でしょう。長いこと日本人が食べていた「日本かぼちゃ」が次第に市場から消えていくのは淋しいですね…。ただ「日本かぼちゃ」の中には京野菜として有名な品種もいくつかあり、その京野菜そのものの人気とともに「日本かぼちゃ」全体の人気も少しずつ復活の兆しを見せています。低カロリーでヘルシーという点をもっと前面に出して売り出せば、健康志向の人たちにも喜ばれると思うのは、私だけでしょうか。甘さは少なく、水分の多いことが欠点のようにも見えますが、調理方法を工夫すれば、おいしく食べられると思います!

かぼちゃ。日本のかぼちゃを知ろう

日本にはいくつかの種類のカボチャがあります。独自の品種まであります。寒冷な気候にもかかわらず、地元の人たちはどのようにしてかぼちゃ畑を拡大していったのか気になるかもしれません。しかし、科学と伝統の融合で、これらの果物を植えて収穫することは、他のものとはかなり珍しいようです。しかし、このサイトでは、かぼちゃの大きさ、色、味にかかわらず、すべてのかぼちゃを評価しています。

かぼちゃ/ケントカボチャ

かぼちゃ(ケントカボチャ)は、日本の冬のカボチャの一種。この日本のかぼちゃは、外見の色と皮の奇抜さが際立っていることで知られています。外側は硬く、しゃがんだかぼちゃのような形をしていて、色は濃い緑灰色で、白い小さな筋が入っていることもあります。内側は、ケントカボチャの果肉は鮮やかな黄橙色をしています。

実際のところ、ケントカボチャは完全に国のルーツではありません。日本で栽培されているカボチャ、特にかぼちゃの起源は西洋にあります。ポルトガル人が16世紀半ばに日本に到達したとき、彼らは様々な基本的な食料品をもたらした。その中には、カンボジアから持っていったカボチャも含まれています。

見た目が少し似ていることから、よくキンポウゲカボチャと比較されます。しかし、味の面では、前者の方が甘みが際立っています。その甘美な味わいに加えて、次のような要素を持つ豊かな食価値があります。

  • βカロテン。これはカボチャの強い色を与えます。しかし、人間にとっては、お肌、目、肺、脳に恩恵をもたらす強力な物質です。
  • 鉄:人が必要とする多くのミネラルの中でも、鉄は毎日摂取する必要があります。疲労のリスクを軽減し、それによって免疫システムを高める重要な物質です。
  • ビタミンC 鉄分と同様に、これも毎日の栄養素の重要な源です。体の成長に利益をもたらし、損傷した組織のすべてを修復します。
  • カリウム この健康的なミネラルは、神経や筋肉を維持することで、体の機能性や動きを向上させます。 

日本かぼちゃをどうする?

様々な実用的な用途がある果物です。しかし、ほとんどの場合、ジャップカボチャはおかずやスープに使われています。その甘さから、サツマイモの代用品として使われることもあります。その豊かな風味を保つために、焙煎したり、オーブンで焼いたり、蒸したりと様々な方法で調理されています。

料理に関しては、当サイトでは、ご家庭でお試しいただけるかぼちゃのレシピをご紹介しています。詳しくはブログのページをご覧ください。 

お問い合わせ

フルーツガーデン作りに興味ありませんか?徹底した植栽テクニックをブログページでご紹介しています。もし、このコンセプトがうまくいかなかった場合は、お気軽にお電話やメッセージでお問い合わせください。お問い合わせのページでは、お問い合わせ先の詳細をご覧いただけます。皆様からのご連絡をお待ちしております。

コメントする