夏野菜の一つとして日本人にもお馴染みの「かぼちゃ」。みなさんは原産地がどこなのか、日本へはどのように伝わったのか、ということを知っていますか?ここでは「かぼちゃ」の歴史を紹介していくことにしましょう。歴史をのぞいてみると、世界的にも「かぼちゃ」はかなり古くから人々に親しまれていたことが分かりますよ。

「かぼちゃ」の原産地

南瓜君タイプ1 以前、「かぼちゃ」の原産地はインド、ナイル河沿岸、ペルー、アンゴラ、南アジアなどの様々な説がありましたが、ここ数年のあいだに中南米遺跡の研究が進められ、地層からカボチャの種が発見されたことで中南米原産だという説が有力視されるようになりました。そんなわけで、カボチャの原産地はメキシコとガテマラにあたる中南米地域とされています。さっき述べた地層のことからも古代アステカ、インカ、マヤの人々はカボチャの種を食べていたことが分かりますね。昔の品種は果肉部が苦くて薄く食べられる部分が少なかったので、種だけを食べていました。また、土器を作る技術がなかった時代には果実の大きな「ペポカボチャ」のなかで、外果皮が厚くて堅く強いものは種と果肉を取り除いて乾燥させ、家庭用の水や食料を貯蔵するための容器として使っていたと思われます。しばらくして、突然変異によって甘いカボチャできました。そして、それをアメリカの原住民が見つけて栽培種へと作り替えて、次第に発展していったのです。

日本での「かぼちゃ」の歴史

私たちが普段何気なく言っている「かぼちゃ」という名前の由来は、カンボジアからきています。日本へカボチャが伝えられたのは、1541年に大分に漂着したポルトガル船が「日本かぼちゃ」を運んできたのが始まりと考えられています。伝えられた当初はカンボジアがなまって「かんぼちゃ」や「かぼちゃ瓜」などと呼ばれ、最終的には「かぼちゃ」になりました。ちなみに、スペイン人やポルトガル人の宣教師たちが日本へ寄港したときには「かぼちゃ」のほかにも、サツマイモやトウモロコシ、ジャガイモなどの保存性が高い野菜類が持ち込まれました。その後、1573年頃に長崎県に伝わってから、日本の農家でも栽培されるようになりました。中国品種は1501~1600年のあいだ、アメリカ品種は1863年に伝えられたと言われています。こうして東北地方では1620年頃、京都周辺では1670年頃、東京周辺では1740年頃から普及しはじめました。

大友宗麟(おおともそうりん)って、どんな人?

1530年、豊後国の大名・大友義鑑の嫡子として誕生しました。「日本でのかぼちゃの歴史」でも書いているように難破したポルトガル船が大分県に着き、そこでカボチャが運ばれたのですが、このときカボチャを献上されたのが大友宗麟だったのです。その後、キリシタン宣教師フランシスコ・ザビエルに出会ったことで、キリスト教に興味を示すようになります。1578年に洗礼を受けた彼はドン・フランシスコという名前をもらいます。そんな彼は日向国・無鹿の地にキリスト教の理想郷建国を夢見ていましたが、そのことで薩摩国の島津氏と衝突してしまいます。この際に大友・島津と肥前国の龍造寺氏をリーダーとします。ですが1584年に龍造寺氏は島津氏に敗れ、翌年の1585年に宗麟は大坂に行き、豊臣秀吉に九州征伐を要請しました。1587年、島津氏が秀吉に降伏した知らせを聞いてからすぐに大友宗麟は病気のため、命を落としました。

「宗麟かぼちゃ」のこれから

ポルトガル船が運んできたカボチャを大分県ではずっと長い間、栽培し続けていましたが、今ではどこの農家も栽培しなくなっていました。ところが、最近になって福岡県豊前市にある三毛門というところで、大分県に伝えられたこのカボチャがまだ数軒の農家で栽培されていることが判明しました。発見者は大分県農林水産部の普及員のNさん。そしてNさんによって「宗麟かぼちゃ」と名付けられたのです。この「宗麟かぼちゃ」も「日本かぼちゃ」なので甘みが少なく人気は今ひとつなのですが、加工品を作ればヒットするのではないかと考えられています。大分県ではこのようにして再発見された「宗麟かぼちゃ」を全国に売り込もうというプロジェクトが大詰めを迎えているんですよ。

かぼちゃの話

信じられないかもしれませんが、カボチャが最初に見られたのは、北中米の古代文明の時代でした。また、16世紀にはヨーロッパなどにも伝わりました。実は、最も古くから家畜化されている植物の一つなのです。

北中米が原産という報告は多いが、最古のかぼちゃの断片はメキシコで発見されている。  

カボチャの歴史をトレースすると、ネイティブアメリカンが旅行中にその種子を運んだので、それはすぐに世界中に広がった。また、薬としても使われていたという記録もあります。

驚くべきことに、当時のカボチャは「カボチャ」とは呼ばれていませんでした。フランスの探検家ジャック・カルティエが1584年にgros melons(グロ・メロン)またはpompions(ポンピオン)と呼んでいました。カボチャという言葉は、シンデレラの中で初めて登場しました。

ジャック・オー・ランタンのアイルランド物語

ハロウィンに彫られたカボチャは ジャック・オ・ランタンと呼ばれているのを知っていますか?さて、この習慣はスティンギー・ジャックという名前の男から始まりました。

ケチなジャックはアイルランドの神話に登場する人物で、彼は悪魔を誘って一緒に飲もうとしました。彼は飲み代を払いたくなかったので、悪魔に自分をコインに変えるように説得しました。

彼の計画は成功し、彼の銀の十字架がある彼のポケットにコインを入れておくことにしました。銀の十字架は悪魔が元の姿に戻るのを防ぎました。

悪魔は彼を自由にしてくれと懇願しました。ジャックは同意したが、1年間は彼に迷惑をかけないこと、そして彼の時が来た時には悪魔が彼の魂を要求しないことを条件にした。

翌年、ジャックは再び悪魔を騙して木に登って実を手に入れました。悪魔が木に登っている間に、ジャックは十字架のしるしを彫りました。そのため、悪魔は降りてくることができません。最後までやり遂げるために、10年間はジャックに迷惑をかけないと約束した。

ジャックが死んだとき、彼は天国に受け入れられませんでした。一方、悪魔もジャックに悪戯をしたため、ジャックを地獄に入れなかった。

悪魔は、燃える石炭だけを光源にして、ジャックを夜の世界に送り込んだ。よく見えるように、彼はカブを彫り、それを持って地球を歩き回った。それ以来、彼は「ランタンのジャック」「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるようになりました。

この物語があまりにも人気があるため、アイルランドやスコットランドの人々はジャックのランタンを自分たちで作り始めました。

実際、カブやジャガイモを使って怖い絵柄を彫るようになったのもこの頃からです。また、窓やドアの近くに飾るのが一般的です。伝説によると、これはジャックや他の霊を追い払うために使用されています。

年月が経つにつれて、人々はカボチャが完璧なジャック・オ・ランタンを作ることを発見しました。

日本のかぼちゃ

日本のかぼちゃやカボチャは、実は冬のカボチャの一種です。私たちが普通に目にするかぼちゃと比べると、黒や濃い緑色をしています。黒皮かぼちゃとも呼ばれています。実は宮崎県は日本の南部で最もかぼちゃの生産量が多い地域なのです。

かぼちゃは、ポルトガル人の探検家が日本に持ち込んだのが始まりだそうです。驚くべきことに、日本で栽培されているかぼちゃのほとんどが西洋の品種なのです。

早くから黒皮かぼちゃの人気があったこともあり、地元の民謡にも黒皮かぼちゃが取り上げられています。色は違えど、味は似ています。唯一の違いは、黒皮かぼちゃの方が味が薄いということです。

日本のハロウィンのかぼちゃには、怖いデザインや可愛いデザインを彫ることはあまりありません。かぼちゃを彫る活動は、私立の保育園で見かけることがほとんどです。

ハロウィン期間中の活動で一番多いのは、かぼちゃに絵を描くことです。ただ、かぼちゃを彫るのではなく、好きなデザインを描くだけなのです。

かぼちゃの種類

何がすごいって カボチャにも種類があることです その中のいくつかを紹介します。

アトランティック・ジャイアント・パンプキンズ

栽培コンテストでよく見かけるカボチャはこのタイプです。200ポンド以上の重さになることもあるからです。その成長を確実にするために、ほとんどの農家は高カリウム肥料を使用しています。

青緑色のカボチャ

こちらはハロウィンに間違いなくピッタリな青みがかった皮のカボチャです。

ブルーラコタ

青緑色の皮をしたカボチャで、通常はアメリカ中西部で見られます。形は平たくしたボールのような形をしています。

皇太子

万能かぼちゃで、つやつやとしたグレーブルーの皮が特徴です。このかぼちゃの一番の魅力は、何といっても甘みが強いこと。また、冷暗所に置けば1年は持ちます。

キャスパー

私たちがよく目にする鮮やかなオレンジ色のカボチャとは対照的に、このタイプのカボチャは白い皮をしていて、オレンジ色の果肉が密集しています。大きさは10~15ポンドにもなります。

ルミナ

艶やかで白い皮が特徴のかぼちゃです。また、滑らかな食感なので、カービングやペイントにも適しています。

また、12ポンドまで成長しても、淡い黄色から鮮やかな黄色まで様々な味のある果肉を持つことができます。このカボチャの唯一の欠点は、それが長く続かないことです。

フラットホワイトボーアフォード

重たいものに潰されたような平たいカボチャとして知られています。それは広く成長し、非対称な形をしています。その小さな種の空洞と緻密な肉質は、最高のパンプキンパイを作る上で最も理想的です。

シンデレラ

童話のような見た目のかぼちゃの種類です。シンデレラのかぼちゃの馬車に似ているからです。丸みを帯びた形をしていて、上が平らです。単純に重ねることができるということです。

オータムゴールド

かぼちゃの中で最も理想的な色です。その理由は、鮮やかなオレンジ色の果肉と球形。実際、バスケットボールのようにも見えるんですよ! また、ハロウィンのたびに好まれています。 

オランギータ

最大で1.5ポンド(約1.5キロ)にもなる小さなカボチャです。オランジータも黄橙色をしていて、皮がつるつるしています。

ベビーブー

ペンシルバニア州で見られる小さな白いカボチャです。それは実際にはそれらのすべての最小です。それは3インチ幅と2フィートの高さまで成長することができるためです。だから、あなたのバルコニーにあなた自身のカボチャの庭を持っていることを計画している場合は、ベビーブーと一緒に行く必要があります。

おとぎ話

重さは15ポンド前後の中型のカボチャです。扁平な形をしていて、皮はオレンジ色をしています。どんなかぼちゃレシピにも最適です。

ロングアイランドチーズ

かぼちゃの一種で、平たくしたチーズの輪っかに似ています。淡いオレンジ色の皮と濃いオレンジ色の果肉が特徴です。美味しいパンプキンパイを作るのにも最適です。

ナックルヘッド

このカボチャが他のカボチャと違うのは、皮が緑色で水ぶくれになっていることです。実際にはイボのように見えます。それはまた、それが陰惨に見え、不気味さのタッチを追加するので、ハロウィーンの装飾に最適です。

ブルードール 

それは、毎年ハロウィンのその不気味なバイブのために完璧な緑のカボチャです。それはまた、15から20ポンドに成長することができます。パンプキンパイやスープを作ろうと思っているなら、ブルードールは最高の食材でもあります。

プロヴァンス美術館

南フランス発祥の伝統的なかぼちゃとして知られています。見た目も巨大なチーズの輪っかのような形をしています。しかし、それは日焼けした皮と平らな形をしています。他のものに比べて、果肉は濃いオレンジ色をしています。

冬の贅沢

淡いオレンジ色の皮に模様があるかぼちゃの一種。育てると一番美味しいカボチャとしても知られています。

ブレイズ

かぼちゃの中でも最も魅力的な種類として知られているのが、皮が淡くオレンジ色の模様があることです。実際、そのオレンジ色のマーキングは、その周りに炎があるように見えます。

ホワイトパイ 

楕円形の形をしていて、ややオフホワイトの皮が特徴です。滑らかで白い果肉が特徴で、街中で最高のパンプキンパイを作るのに最適です。白くない皮はカービングにも適しています。

かかい

青灰色のかぼちゃにオレンジ色の縞模様が入っています。何が違うのかというと、種が青いことです! 食卓ではあまり見かけませんが、カービングのキャンバスとしては最有力候補の一つです。

ジャーラーデール

かぼちゃの一種で、皮はスチールブルーの色をしていますが、果肉は鮮やかなオレンジ色をしています。また、古典的なシンデレラカボチャの形に似ています。実際にはスイスのジャールデールという町にちなんで名づけられました。

ビッグムーン

通常200ポンド前後の重さのカボチャの種類です。

受賞者

それは通常、75から150ポンドの間で重量を量るハイブリッドカボチャの一種です。また、非対称な形をしています。その鮮やかなオレンジ色の皮は、カービングにも最適です。

さて、カボチャの歴史と種類がわかったところで、早速、カボチャを手に入れてみましょう。先に行って、自分でカボチャを取得し、あなたの創造的なジュースは、最も奇妙なカボチャを彫ることができます 

コメントする