「かぼちゃ」は熱を加えると甘みが増すので、デザートにも取り入れやすい野菜の一つです。特に「かぼちゃ」のデザートは女性に好まれますよね。普段のおやつに、ちょっとしたホームパーティーにぴったりです。

「かぼちゃプリン」レシピ

しっかり「かぼちゃ」の味がするプリンはやさしい甘さが魅力的ですよね。子供のおやつとしてもおすすめしたいデザートです!簡単にできる「かぼちゃプリン」のレシピを紹介しましょう。

材料(4人分)

プリン生地

かぼちゃ:1/4個、卵:2個、牛乳:大さじ4、生クリーム:大さじ2杯半、砂糖:大さじ3

カラメルソース

砂糖:大さじ4、水:大さじ1

作り方

  1. カボチャは皮をむいたあと種とわたを取ります。一口大に切ってラップに包み、電子レンジで約3分チンしたら潰しておきましょう。
  2. 2個の卵のうち、1個は黄身だけを使います。潰したカボチャをボウルに入れ、卵を加えてよくかき混ぜます。
  3. 耐熱ボウルに牛乳と生クリーム、砂糖を入れて混ぜ合わせ、電子レンジに約2分かけます。沸騰したら溶いた卵と合わせましょう。
  4. 次はカラメルソースを作ります。小さめの鍋に砂糖を入れて、中火で煮溶かします。色が変わってきたら水を加えて軽く煮詰めましょう。しばらく、そのまま冷ましておきます。
  5. 型にプリン生地を流し込み、熱湯と入れた天板に置きます。150度のオーブンで約40分火を通しましょう。
  6. 粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やして、カラメルソースをかければ「かぼちゃプリン」の出来上がりです。

「かぼちゃケーキ」レシピ

甘さ控えめのヘルシーなケーキです♪ホットケーキミックスと電子レンジであっという間に作れる「かぼちゃケーキ」のレシピを紹介しましょう。

材料(18cmのケーキ型1個分)

かぼちゃ:1/3個、ホットケーキミックス:200g、卵:1個、牛乳:大さじ5、油・バター:各大さじ2、ホイップクリーム:適量

作り方

  1. カボチャは皮をむいたあと種とわたを取ります。一口大に切ってラップに包み、電子レンジで約10分チンします。バターはあらかじめ溶かしておきましょう。
  2. ボウルにホットケーキミックスと卵、牛乳、油、溶かしバターを入れてよくかき混ぜます。3.そこにカボチャを加え、泡立て器を使って潰すように混ぜていきましょう。
  3. 耐熱容器の底にクッキングペーパーを敷き、生地を流し込みます。そのまま電子レンジに約10分かけましょう。
  4. 竹串などをさしてみて生地がつかないようなら、しばらく常温で粗熱をとります。あとはホイップクリームで飾り付けをすれば「かぼちゃケーキ」の出来上がりです。

「かぼちゃケーキ」レシピ

甘さ控えめのヘルシーなケーキです♪ホットケーキミックスと電子レンジであっという間に作れる「かぼちゃケーキ」のレシピを紹介しましょう。

材料(18cmのケーキ型1個分)

かぼちゃ:1/3個、ホットケーキミックス:200g、卵:1個、牛乳:大さじ5、油・バター:各大さじ2、ホイップクリーム:適量

作り方

  1. カボチャは皮をむいたあと種とわたを取ります。一口大に切ってラップに包み、電子レンジで約10分チンします。バターはあらかじめ溶かしておきましょう。
  2. ボウルにホットケーキミックスと卵、牛乳、油、溶かしバターを入れてよくかき混ぜます。3.そこにカボチャを加え、泡立て器を使って潰すように混ぜていきましょう。
  3. 耐熱容器の底にクッキングペーパーを敷き、生地を流し込みます。そのまま電子レンジに約10分かけましょう。
  4. 竹串などをさしてみて生地がつかないようなら、しばらく常温で粗熱をとります。あとはホイップクリームで飾り付けをすれば「かぼちゃケーキ」の出来上がりです。

「かぼちゃ」のスイートポテト風レシピ

サツマイモを使ったスイートポテトを好きな人も多いのではないでしょうか。ここでは「かぼちゃ」をスイートポテト風にアレンジした、スイートパンプキンの作り方を紹介しましょう。

材料(4人分)

かぼちゃ:1/3個、卵:1個半、砂糖・生クリーム・バター:各大さじ1杯半、シナモン:少々

作り方

  1. まずカボチャは適当な大きさの乱切りにします。ラップで包み、電子レンジで約6分チンしましょう。
  2. 皮を残して中身をそいで、ボウルに入れましょう。卵はあらかじめ、黄身だけとっておきます。
  3. カボチャは入れたボウルに1個分の卵黄と砂糖、生クリーム、バター、シナモンを加えて、よく混ぜましょう。このとき、シナモンが苦手な人は入れなくても構いませんよ。
  4. 生地を型に流し込んで、上から余った卵黄を塗りましょう。230度のオーブンで約7~8分焼いたら出来上がりです。

を作ろう 「かぼちゃ」の スイーツ!

カボチャは、その自然な甘さから、あらゆる種類の食事やおやつに最適な材料です。生で食べたり、甘いものの材料として使ったりするのに最適です。これらはデザートにも最適です!いくつかの簡単なレシピは カボチャのデザートの 子供たちが家族と一緒に楽しむことができる

次の最初にカボチャのスライスを茹でる

とおりです。以下の3つのレシピはすべて、プロセスに調理されたカボチャのスライスを使用します。あなたがする必要があるのは、カボチャのスライスを切り、それをより小さな断片にさいの目に切ることです。それらを鍋に入れ、果物を沈めるのに十分な水でそれを満たします。それを覆い、ストーブの上に置き、カボチャが柔らかくなるまで沸騰させます。

料理に必要な量だけを準備します。一般的な経験則は、あなたが望むサービングサイズの3/4を満たすことができる量のカボチャ片を準備することです。残りの¼は、常に膨張する卵のような他の成分の許容量です。

カボチャのプリン

茹でたてのスライスを、まだ温かいうちにブレンダーに置きます。砂糖を加え、ブレンダーの底にあるカボチャの半分の量に達するのに十分な量の牛乳を注ぎます。蓋をして、砂糖が溶けるまで混ぜます。 

前のサービングと同じ量の牛乳を追加し、卵黄と白身の卵2個、バニラエッセンスを追加します。ふわふわ感を出すためにホイップクリームを加えてもかまいません。泡が発生しないように、低速でブレンドします。濃厚で滑らかな混合物ができるまで混ぜ合わせます。カップやフライパンなどの容器に注ぎます。フォームを取り除き、アルミホイルで覆います。 1.5時間蒸します。 

パンプキンパイ

店頭で冷凍のものを作ったり買ったりできるパイクラストが必要です。調理したカボチャをボウルに入れ、バニラエッセンスとカボチャスパイスを加えます。マッシュポテト、フードプロセッサー、またはブレンダーのいずれかを使用して、混合物をピューレにします。滑らかにしすぎないでください。ブレンダーを使用している場合にのみ低速でブレンドするように、粗いマッシュを維持します。 

ピューレをクラストに注ぎ、カウンターで表面まで軽くたたきます。 200ºCで15分間焼きます。後で温度を180ºCに下げてから、さらに50分間焼きます。中央に串を刺します。あなたがそれを引っ張って、それがきれいであるならば、パイは準備ができています。それ以外の場合は、さらに10分間焼きます。

かぼちゃだんご

調理したかぼちゃを少しつぶしてから片栗粉を注ぎ、柔らかな生地になるまでもう一度つぶします。少量を取り、それをボールに転がしてからトレイに置きます。生地がなくなるまでこれを行います。フライパンで油を予熱してから、生地の各ボールを炒めます。一度にできるだけ多く揚げることができます。生の状態で触れさせないでください。固まったら、かぼちゃ団子をお盆に入れて、をお楽しみください かぼちゃのデザート!

コメントする